安全で安心な生活のためによりよい県土づくりを目指します
TOP > 主な土砂災害事例 > 平成21年(2009年) 中国・九州北部豪雨

主な土砂災害事例

事例8:平成21年(2009年) 中国・九州北部豪雨

災害発生地区 福岡県糟屋郡篠栗町大字篠栗 一の滝川
災害発生日時 平成21年(2009年)7月25日
災害の概要 平成21年7月25日に土石流が発生した多々良川水系一の滝川は、福岡県糟屋郡篠栗町大字篠栗の中東部畝原山の南側に位置し、ほぼ全域が土石流の発生域であり、渓流内は転石、土砂が多く堆積し、倒木も流入しました。渓床及び山腹の流動化した土砂が土石流となり、甚大な被害をもたらしました。
被害全景
斜面崩壊状況
住宅被災状況
住宅被害状況
河床を埋めた土石流堆積物
土砂堆積状況
被災状況(1)
被災状況(2)
被災状況(3)
このページのTOPへ
土砂災害警戒区域図(土砂災害警戒区域マップ)
土砂災害警戒区域図の見方(操作について)
土砂災害危険度情報(土砂災害警戒情報)
福岡県の県土整備事務所
土砂災害関連の素材、パンフレットはこちらから

福岡県県土整備部砂防課
TEL:092-643-3678
FAX:092-643-3689

All Rights Reserved, 2009 Fukuoka Saboka Homepage