安全で安心な生活のためによりよい県土づくりを目指します
TOP > 主な土砂災害事例 > 平成15年(2003年) 四王寺・三郡山系災害

主な土砂災害事例

事例6:平成15年(2003年) 四王寺・三郡山系災害

災害発生地区 太宰府市、宇美町、飯塚市(旧筑穂町)他
災害発生日時 平成15年(2003年)7月18日の夜から19日の未明
災害の概要 平成15年7月18日の夜から19日の未明にかけて、福岡県地方は梅雨前線の活発化に伴い、猛烈な豪雨に見舞われました。福岡県の中央部に近い四王寺山、三郡山系では、気象庁の太宰府観測所で1時間に99mmを観測するなど、記録的な集中豪雨に見舞われました。この雨で、太宰府市、飯塚市(旧筑穂町)を中心とした地域で、多数の土砂災害が発生し、また北九州市を中心とした地域でも崖崩れ災害が発生しました。特に太宰府市原川では、土石流によって、死者1名、全壊家屋6戸、半壊14戸、一部損壊20戸などの大きな被害が発生しました。
太宰府市原川の土石流発生状況
太宰府市原川の土石流発生状況の写真
太宰府市三条地区の土石流被害状況(1)
太宰府市三条地区の土石流被害状況(1)の写真
太宰府市三条地区の土石流被害状況(2)
太宰府市三条地区の土石流被害状況(2)の写真
このページのTOPへ
土砂災害警戒区域図(土砂災害警戒区域マップ)
土砂災害警戒区域図の見方(操作について)
土砂災害危険度情報(土砂災害警戒情報)
福岡県の県土整備事務所
土砂災害関連の素材、パンフレットはこちらから

福岡県県土整備部砂防課
TEL:092-643-3678
FAX:092-643-3689

All Rights Reserved, 2009 Fukuoka Saboka Homepage