安全で安心な生活のためによりよい県土づくりを目指します
TOP > 主な土砂災害事例 > 平成03年(1991年) 風倒木災害

主な土砂災害事例

事例5:平成03年(1991年) 風倒木災害

災害発生地区 県内各地(八女郡星野村、浮羽郡田主丸町、田川郡添田町、築上郡大平村他)
災害発生日時 平成03年(1991年)9月27日
災害の概要 ・平成03年9月に九州を直撃した台風17号・19号により、特に19号は最大瞬間風速60m/s以上の猛烈な暴風を記録し、福岡県・大分県・熊本県・佐賀県に未曾有の森林被害をもたらした。
・県内各地の山林では杉や桧が根本から倒れたり、途中から折損し、南西向きの斜面の山林に被害が目立った。森林の被害は倒木本数10,900千本、被害面積7,239haに及んだ。この時から、風による被害ということで「風倒木」という言葉が広く使われるようになった。
・風倒木の被害が発生すると、それらの倒木が土石流あるいは土砂流、洪水とともに流下し、人命、家屋、橋梁などに二次的な被害をもたらす危険性が増大する。
田川郡添田町 駒啼川流域 浮羽郡田主丸町 冷水川流域
築上郡大平村 三田川流域
八女郡星野村 三坂川流域
浮羽郡田主丸町 八幡川流域
田川郡添田町 駒啼川流域
このページのTOPへ
土砂災害警戒区域図(土砂災害警戒区域マップ)
土砂災害警戒区域図の見方(操作について)
土砂災害危険度情報(土砂災害警戒情報)
福岡県の県土整備事務所
土砂災害関連の素材、パンフレットはこちらから

福岡県県土整備部砂防課
TEL:092-643-3678
FAX:092-643-3689

All Rights Reserved, 2009 Fukuoka Saboka Homepage