安全で安心な生活のためによりよい県土づくりを目指します
TOP > 主な土砂災害事例 > 昭和48年(1973年) 宝満、三郡山系災害

主な土砂災害事例

事例3:昭和48年(1973年) 宝満、三郡山系災害

災害発生地区 嘉穂郡筑穂町、粕屋郡篠栗町、須恵町、宇美町、太宰府市(旧筑紫郡太宰府町)など
災害発生日時 昭和48年(1973年)7月30日夜から翌31日午前2時頃
災害発生時の雨量
最大日雨量(3時間):
232 mm
最大時間雨量:
115 mm
災害の概要 ・昭和48年(1973年)7月30日夜から翌31日午前2時にかけて、寒冷前線の南下に伴い、福岡市の南東部に位置する宝満・三郡山系を中心に集中豪雨をもたらし、県下始まって以来の短時間の集中豪雨により、約3,500箇所の山腹崩壊を起こし、土石流となって各渓流を流下し、多々良川水系、御笠川水系等では各所に堤防の破堤、橋梁や道路の流出による交通の寸断途絶をおこし、死者24名、流出等被災家屋35,143戸、その他田畑の冠水埋没2,628ha 等の被害が出た。
・被害総額は、226億円に達した。
僧座川の状況
原川被災状況
観音谷川
被災状況
このページのTOPへ
土砂災害警戒区域図(土砂災害警戒区域マップ)
土砂災害警戒区域図の見方(操作について)
土砂災害危険度情報(土砂災害警戒情報)
福岡県の県土整備事務所
土砂災害関連の素材、パンフレットはこちらから

福岡県県土整備部砂防課
TEL:092-643-3678
FAX:092-643-3689

All Rights Reserved, 2009 Fukuoka Saboka Homepage