安全で安心な生活のためによりよい県土づくりを目指します
TOP > 主な土砂災害事例 > 昭和38年(1963年) 早良災害

主な土砂災害事例

事例2:昭和38年(1963年) 早良災害

災害発生地区 福岡市早良区(旧早良郡早良町)
災害発生日時 昭和38年(1963年)6月29日夜から翌30日午前6時頃
災害発生時の雨量
連続雨量:
420.5 mm
最大時間雨量:
110.5 mm
災害の概要 ・昭和38年(1963年)6月29日夜から翌30日午前6時頃にかけて梅雨前線の北上に伴い、福岡市早良区(旧早良郡早良町)の佐賀県境背振山系の金山付近では局地的な集中豪雨に見舞われ、金山山地に大規模な山腹崩壊が155箇所も発生し、室見川水系の角渓流は土石流の発生によって瞬時に氾濫し、死者3 名、流出等被災家屋768戸、田畑埋没250ha等の被害が出た。
・被害総額は、旧早良町の公共土木関係だけでも30億円に上った。
僧座川の状況
上流部 土石流 流出土石 復旧(砂防堰堤)
下流部 被災の状況
僧座川の状況
土石流通過後の破壊状況
堆積した転石
このページのTOPへ
土砂災害警戒区域図(土砂災害警戒区域マップ)
土砂災害警戒区域図の見方(操作について)
土砂災害危険度情報(土砂災害警戒情報)
福岡県の県土整備事務所
土砂災害関連の素材、パンフレットはこちらから

福岡県県土整備部砂防課
TEL:092-643-3678
FAX:092-643-3689

All Rights Reserved, 2009 Fukuoka Saboka Homepage